MENU

自己破産記事一覧

自己破産はどんな時に行うもの?自己破産というのは、任意整理、民事再生といった方法を行ったにも関わらず、まだ借金が残っていてもう借金を返済することが出来ないまでに金額が膨れ上がってしまっている場合など、地方裁判所に破産申し立てを行うことで、借金をなくすという債務整理です。財産を持っている人であれば、その一部を手放すことになります。ですが、そうすることで多重債務という借金問題から解放されます。そもそも...

同時廃止とは自己破産を行う場合、地方裁判所に破産申し立てを行いますが、申し立てを行うことで破産開始決定が出ます。資産を持たない人の方が、自己破産の手続きがスムーズに行えます。自己破産の手続きを行う場合、資産を持っていない人が多いので、破産開始決定と同時に破産手続きが完了しますが、これを「同時廃止」といいます。免責許可とは同時廃止のあと、免責許可についての審査が始まります。免責許可というのは、裁判所...

自己破産のメリット借金を0にすることが出来る自己破産。借金がなくなるのですから、一見メリットだらけのようにも思いがちですが、メリットもあるのですから当然、デメリットもあります。自己破産のメリットといえば、やはり借金が全てなくなるということですね。弁護士に自己破産の手続きを依頼することで、その時点でまず借金の取り立てがなくなります。同時に、借金の支払いもその時点で停止しますから、自己破産手続きの依頼...

自己破産の免責許可自己破産の手続きを行う場合、まず免責許可を受ける必要があります。裁判所から、あなたはもう借金を払わなくてもいいですよという免責許可ですが、実はこれは、自己破産手続きを行う人全てが必ず下りるものでは、ありません。過去に免責を受けている人、浪費癖が酷い、ギャンブルが酷いなどの場合は、免責許可が下りないこともあります。これを、免責不許可事由といいます。免責が認められるポイントとしては、...

自己破産は行うべき?自己破産というのは、借金問題を抱えてしまっている人の最終手段といえます。今抱えている借金をどうやっても返済することが出来ない場合は、自己破産を行います。しかし、自己破産の手続きを行った後は、ある程度の制限もあります。その制限がどのようなものなのかを、十分に理解した上で債務整理を行いましょう。自己破産の手続きは、大変難しいことのように感じますが、手続きは思ったよりも難しいものでは...

ギャンブルなどでも自己破産できる?買い物依存症により過剰な買い物や、ギャンブルによる過剰な浪費によって抱えてしまった借金であっても、自己破産の手続きを行うことは出来るのでしょうか。このような、依存的な浪費だけではなく、高額な貴金属、高級ブランド、高級車などを購入する際に作った借金など、このような浪費によって抱えてしまった借金であっても、自己破産を行うことが出来るのでしょうか?結論から言うと、自己破...

自己破産を行うことで、強制的に配偶者や子供の財産も全て差し押さえられてしまうと思っている人も多いでしょう。最近では、主婦で借金問題を抱えている人も増えてきました。このように、家族に迷惑が掛かるからと、誰にも相談することが出来ずに一人で借金問題を抱えてしまっている主婦が増えてきているのです。実際のところ、自己破産は本人に適応されます。ですから、家族の財産まで差し押さえられてしまうことは、ありません。...

自己破産後の借り入れは可能?自己破産の手続きを行った後は、ブラックリストに登録されます。こうなってしまうと、自己破産手続き後から7年程度は、自己破産をした人名義で借り入れをすることは、出来ません。ですから、この時期に大きな買い物をするといったことは出来ませんが、その代わり、そのような状況になった場合は、これまでになぜ自己破産をしてしまったのかということをもう一度振り返ってみましょう。自己破産後の生...