MENU

ギャンブルによる借金でも自己破産はできる?

ギャンブルなどでも自己破産できる?

 

 

買い物依存症により過剰な買い物や、ギャンブルによる過剰な浪費によって抱えてしまった借金であっても、自己破産の手続きを行うことは出来るのでしょうか。
このような、依存的な浪費だけではなく、高額な貴金属、高級ブランド、高級車などを購入する際に作った借金など、このような浪費によって抱えてしまった借金であっても、自己破産を行うことが出来るのでしょうか?

 

結論から言うと、自己破産は出来るといえます。
実際のところ、このような、生活に必須でないものに対する浪費の場合は、裁判所から免責許可が下りないことがほとんどです。

 

自己破産の免責については、裁判官が判断しますが、絶対に免責許可が下りないとは言い切れません。
しかし、
一般的な考え方としては、このような浪費が原因の借金の場合は、弁護士など法律のプロに相談しても難しい部分があるといえます。
しかし、自己破産の手続きの免責を判断するのは、裁判官の裁量に掛かっているといった点から見ても、やはり事前に弁護士に相談しておくのが無難です。

 

一度自分と向き合ってみる

今抱えている借金問題の原因がギャンブルである場合、なぜこのような状況に至ってしまったのかということを考える必要があります。
このようなことを振り返り自覚することで、裁判官が自己破産の免責を判断するひとつのポイントになります。

 

ギャンブルにハマってしまう原因も様々です。
多くの理由は、一度ギャンブルで大金を手にした快感を忘れることが出来ず、根拠もなく当たるまでお金を注ぎ込んでしまい結局負けてしまうといったことを繰り返すことですが、中にはストレスが原因でギャンブルに走ってしまった人もいます。

 

職場でのストレス、例えば上司からのパワハラや職場の同僚などからの嫌がらせといったことが原因で、パチンコをストレスの捌け口にしたことで、パチンコにハマってしまうケースです。

 

このように、単純に娯楽が行き過ぎた浪費ではなく、職場環境からくる重度のストレスが原因でのギャンブルの場合、やむを得ぬ事情であったと裁判官が判断した場合、自己破産の免責が下りることがあります。
ですがもちろん、裁判官の裁量によって決まることですから、このような場合であっても免責が下りない場合もあることは、覚えておきましょう。
もし、免責が下りないからといって、借金がまた増えてしまう訳では、ありません。
自己判断で解決しようとするのではなく、借金問題に詳しい弁護士に相談してみましょう。
現在では、無料相談を設けている弁護士事務所も多くあります。

 

借金問題に強い弁護士を選ぶ

ここで重要なのは、借金問題に強い弁護士を選ぶということ。
いくら法律のプロでも、得意分野とそうでない分野というものがあります。
自己破産手続きなどの借金問題の相談であれば、債務整理の実績が多い弁護士事務所に依頼するのが一番いいといえます。

 

相性のいい弁護士を選ぶ

いくら相手が法律のプロであっても、ある程度の相性も必要です。
信頼できない相手に依頼するのも不安でしょう。
現在では、無料相談を設けている弁護士事務所も多くありますから、無料相談を行ってみて、どのような事務所なのか、その様子を伺ってみるのもいいでしょう。

 

費用を明確にしてくれる弁護士事務所を選ぶ

弁護士に依頼する場合、その費用が発生します。
弁護士事務所の多くは、それぞれの案件にいくら必要なのかといったことを明記しているところもあります。
あまりにも安価な場合は、実際に依頼したら高額だった、追加料金が発生するなどトラブルにもなり兼ねません。
着手金が安いけど成功報酬が高い場合は、費用も高額になってしまいます。
今回、債務整理の手続きを依頼する場合、総額でいくら掛かるのか、それをしっかり回答してくれる弁護士事務所は、信頼できるといえるでしょう。

 

債務整理の実績があり無料相談を設けている、最終的にいくら必要になるのか、このようなポイントをよく見て弁護士事務所を選びましょう。