自己破産 弁護士 相談

MENU

自己破産は弁護士に相談しましょう

自己破産はどんな時に行うもの?

自己破産というのは、任意整理、民事再生といった方法を行ったにも関わらず、まだ借金が残っていてもう借金を返済することが出来ないまでに金額が膨れ上がってしまっている場合など、地方裁判所に破産申し立てを行うことで、借金をなくすという債務整理です。

 

 

財産を持っている人であれば、その一部を手放すことになります。
ですが、そうすることで多重債務という借金問題から解放されます。
そもそも自己破産というのは、多重債務に苦しむ人を救うために、国が作ったもの。
どうしても高額な借金を返済することが出来ないという場合は、自己破産を検討してみるのも間違った考え方ではないのです。

 

弁護士などプロに相談する

自己破産を検討している場合、弁護士などプロに相談することをお薦めします。
今の債務状況、資産状況で、今どのような状況なのかということを理解してもらえますし、なぜここまで負債が増えてしまったのか、借金の保証人はいるのかなど、必要なことを相談することで、そのようにご自身の借金問題が解決するのか、その糸口が段々と明確になっていきます。

 

次に、自己破産手続きなど今後の手続きに必要な費用はどのように捻出していくかなどについてもきちんと話をしてくれます。
手続きに必要な書類については、弁護士が作成してくれますから、あなた自身は弁護士に任せることで、精神的負担はかなり軽減されると思います。

 

また、破産手続きに関してですが、もし自己破産を行いたい人が個人であっても事業者であっても、個人の場合は今の生活状況、事業者であれば会社の経営状況といったことを裁判所に報告する必要があるので、書類の内容に違いは出てきますが、手続き自体に違いはありません。
ですから、個人もしくは事業者が特別何かを行うといったことは、ありません。
提出する必要書類といったものが出てくると思いますが、これは弁護士などプロに相談したときに、何が必要かということを教えてくれますから、漏れのないようにきちんと用意しましょう。

 

自己破産はマイナスイメージが強い

自己破産は、どうしてもマイナスイメージが強いところがありますね。
自己破産を行うことで、戸籍に記載されて残る、将来年金を貰うことが出来ない、会社にバレる、家族など身内に迷惑が掛かる、選挙権がなくなるなど・・・

 

このような話を聞いたことがある人もいるかと思いますが、これらは全て間違った話です。

 

自己破産は、新しいスタートのための手続きですから、財産がある場合はその一部を手放すことにはなりますが、生活を送る上での最低限必要なものはそのまま手元に残すことが出来ますし、もし財産が殆どない・財産がない人の場合の自己破産であれば、手続きはすぐに完了しますので、自己破産後に海外旅行に行ったり引越しを行うことも出来ますし、もちろん戸籍に記載が残るといったことも、ありません。

 

自己破産後に仕事などをして得たお給料、車、家など財産にあたるものに関しては、没収などされることもありません。
自己破産後は、借金問題が起こる前とまた同じような生活を始めることが出来ます。