自己破産後 借り入れ

MENU

自己破産後に借り入れはできる?

自己破産後の借り入れは可能?

 

 

自己破産の手続きを行った後は、ブラックリストに登録されます。
こうなってしまうと、自己破産手続き後から7年程度は、自己破産をした人名義で借り入れをすることは、出来ません。
ですから、この時期に大きな買い物をするといったことは出来ませんが、その代わり、そのような状況になった場合は、これまでになぜ自己破産をしてしまったのかということをもう一度振り返ってみましょう。

 

自己破産後の生活は?

これまで抱えていた借金をどうしても返済することが出来ず自己破産を行う人がいますが、自己破産を行うことで、借り入れやクレジットカードなど、また、職業によってはその職業に一定期間就くことが出来ないといったことが起こります。

 

しかし、これまで毎日24時間悩みの種であった借金が全て免責されますから、借金が0になるので人生の再スタートを迎えることが出来るようになります。
もし自己破産の手続きを行ったからといって、職場を解雇されてしまうような心配もありませんし、破産開始決定後に得た収入は、全額ご自身の手元に残ります。

 

自己破産を行う場合、99万円までの現金、20万円までの預貯金は、最低限必要な生活費とみなされますから、差し押さえられてしまうことがありません。
また、テレビ、冷蔵庫、タンス、衣類など、生活に必要な家財道具が、テレビドラマのように差し押さえられてしまうといったこともないので、これまで通りの生活を送ることが出来ます。

 

一番心配されるのが、自己破産をすることで住民票や戸籍に自己破産の旨が記載されてしまうということ。
実際はこのようなことは、ありません。

 

自己破産にはデメリットもある

自己破産を行う場合、全ての債権者の権利を奪うことになります。
債務者を信用してお金を貸したのに、それが全て戻ってこなくなる訳ですから、債権者にしてみれば大損です。

 

また、持ち家、財産になるとみなされた車などの財産は全て現金に換えられます。
現金に換えられた財産は、債権者に公平に分配されますから、これまで通りの生活をそのまま続けるといったことは、難しいでしょう。

 

また、自己破産は、指定信用機関にブラックリストとして登録されます。
こうなると、向こう7年は新たな借り入れ、クレジットカードを作るといったことが出来なくなります。
ブラックリストの登録は、個人の問題だけではありません。
例えば、家族がローンを組んで高額なものを購入したい場合であっても、身内にブラックリストに登録された人がいるので、家族もローンを組むことが出来ないのです。

 

一部の職業に就けなくなる

自己破産の手続きを行った場合、

 

警備員
建築業
保険外交員
会社役員

 

などの職業の倍あは、資格制限がかかるので、免責許可が下りるまでの数ヵ月は、仕事を行うことが出来ないことを覚悟しておきましょう。
このような場合は、収入減を気にする以前に、その職場を退職せざるを得ない状況になりますから、これらに該当する人は、職を失うといったことを覚悟しておきましょう。

 

しかし、これらの措置は一定期間のみです。
期間が過ぎればまたその職に就くことは可能です。