自己破産 メリット デメリット

MENU

自己破産にもメリットとデメリットはある

 

自己破産のメリット

借金を0にすることが出来る自己破産。
借金がなくなるのですから、一見メリットだらけのようにも思いがちですが、メリットもあるのですから当然、デメリットもあります。

 

自己破産のメリットといえば、やはり借金が全てなくなるということですね。
弁護士に自己破産の手続きを依頼することで、その時点でまず借金の取り立てがなくなります。
同時に、借金の支払いもその時点で停止しますから、自己破産手続きの依頼をしたひから、借金返済の心労から解放されるのです。

 

自己破産は、人生の再スタートを切るための大切な手続きです。
しかし、あなた自身は借金が0になってスッキリすると思いますが、一方でお金を貸してくれた側は、返済がされませんから大きな損害を被っていることだけは、忘れてはいけません。
また、自己破産して借金が0になったからといって、また借金をしてしまっては意味がありません。
自己破産は間違ったことではありませんが、あなたを信用してお金を貸してくれた誰かに迷惑を掛けてしまうことだけは、絶対に忘れないでください。

 

自己破産のデメリット

自己破産は、これまでの借金を0にすることが出来ますが、任意整理、民事再生と比べると、デメリットがあります。
自己破産の場合は、一定の財産を手放す必要があります。
持ち家、自動車などといった財産を手放す、保険の解約などを行う必要がありますが、財産の全てを手元に残しておきたいという場合は、自己破産ではなく民事再生を行うことになるでしょう。
もし、車(国産車)を手放す場合、初年度登録から7年以上を経過した車に関しては、財産としての価値がないと判断されますから、手放す必要は、ありません。

 

また、官報に、本籍地の市区町村役場の破産者名簿に、一定期間あなたの名前が記載されます。
これは、一般の人の目に触れるといったことはまずありませんし、期間が過ぎれば名前の記載がなくなりますから、何かしらあなたの自己破産が誰かに知られてしまうといった心配は、ありません。

 

自己破産の最大のデメリットは、債務者が自己破産の手続きを行っても、保証人に対しては何も保障がないということ。
債務者は、自己破産を行ったので借金が0になりましたが、保証人は引き続き、債務者に代わって保証債務で債務者の代わりのお金を払い続けなければならないのです。
ですから、保証人を立てている人の場合は、あなたを信用して保証人の欄に名前を書いてくれた人のこともきちんと考えた上で検討する必要があります。

 

7年間は借り入れが出来ない

自己破産を行うことで、信用情報機関の、俗にいうブラックリストに名前が掲載されます。
自己破産後は、7年間はクレジットカードを作ることや、借り入れを行うことが、出来ません。
これは、自己破産に限ったことではなく、任意整理、民事再生ともに同じです。
破産者が欠格要件となる弁護士、司法書士、税理士といった資格、会社役員の場合はその資格を失います。
また、保険外交員、証券外交員の場合も、その資格及び業務を禁止されることもあります。
ですが、これらの資格については、免責決定と同時に復権することが可能です。
ですから、これらに該当する人が自己破産手続きを行ったからといって、その資格が永久的に取り消されてしまうといったことではないのでご安心を。