MENU

免責許可が下りなければ自己破産はできません

 

自己破産の免責許可

自己破産の手続きを行う場合、まず免責許可を受ける必要があります。
裁判所から、あなたはもう借金を払わなくてもいいですよという免責許可ですが、実はこれは、自己破産手続きを行う人全てが必ず下りるものでは、ありません。

 

過去に免責を受けている人、浪費癖が酷い、ギャンブルが酷いなどの場合は、免責許可が下りないこともあります。
これを、免責不許可事由といいます。
免責が認められるポイントとしては、債務者のこれまでの状況や今までの状況をトータルで見て適切な判断をしたうで、裁判所は免責許可を下すかどうかを決めるのです。

 

自己破産の手順

自己破産の手続きを行う場合は、まず弁護士に相談にいきましょう。
弁護士への自己破産の相談費用は30万円程度が一般的なようです。
相談に行く前に、

 

借入先の住所
取引開始年月
連絡先
現在借金がいくらあるのか

 

といったことを弁護士にすぐ説明することが出来るようにまとめておいてください。
現在の収入状況が分かるもの(給与明細など)、消費者金融のカード、クレジットカード、出来るだけ新しい請求書といったものも用意しましょう。

 

これらのものをきちんと事前に用意した上で、弁護士に相談して、あとは弁護士の指示通りに必要書類を用意します。
自己破産の申し立ては、早い人で2ヶ月程で申し立てを行うことが出来ます。
3ヶ月もあれば、今ある借金問題を解決することが出来ているでしょう。

 

自己破産は借金からあなたを救う手続き

地方裁判所は、債務者に問題がないと判断すると、書面審査で自己破産開始決定を下します。
免責不許可事由(免責許可が下りないこと)がなければ、1ヶ月程度で免責が決定し、借金問題が解決するでしょう。
もし、債務者が資産を所有している場合、または免責に問題がある場合に関しては、破産管財事件になります。
破産管財事件になると、裁判所が選任した管財人によって自己破産手続きが続けられます。

 

悲しい話ですが、借金を苦に自殺してしまう人もいます。
ですが、自己破産という手続きを取ることで、あなたの借金問題はきっと解決します。
ですから、そのような悲しい選択をしてしまわずに、自己破産について考えてみてください。
借金解決の糸口は、必ずあります。
間違った選択だけは、絶対にしないでください。

 

自己破産手続きは弁護士へ

自己破産手続きを行うのであれば、弁護士に依頼をしましょう。
自己破産手続きを依頼する際の費用は、30万円程度が一般的な金額とされています。

 

借金に悩む人にとって、30万円は大変な金額でしょう。
ですが、確かに高額ではありますが、プロに自己破産手続きを依頼することで、自己破産に必要な書類作成、裁判所への申し立てといった手続きを全て確実に行ってもらうことが出来ます。
自己破産の手続きは個人でも行うことが出来ますが、ほとんど法律を知らない素人が自己破産手続きを行うのは厳しいと思います。

 

また、これから人生の再スタートを迎える重要な手続きでもあります。
ですから、自己破産手続きは、プロの弁護士に任せるのが確実でしょう。