MENU

民事再生で借金を計画的に返済しましょう

 

民事再生とは

民事再生とは、住宅などの財産を手元に置いたまま、大幅に減額された借金を3年以内に分割して返済するという手続きのことをいいます。
減額される金額については、借金の金額、どの程度の財産があるかといったことで違ってきますが、減額後に借金を期間内にきちんと返済することが出来れば、住宅ローン以外の借金は、法律に基づいて、返済義務が免除されます。

 

自己破産とは違い、民事再生の場合は全ての借金がなくなるというものではありませんが、自己破産のように不動産などの高額な財産が差し押さえられてしまうといったことが、ありません。
また、自己破産の場合は、警備員、会社役員、保険外交員など、ある一定の職業に就くことが出来ない資格制限がなされますが、民事再生の場合は、該当する職業に就いていても、資格制限を受けることが、ありません。

 

つまり、民事再生の場合は、抱えている借金をなくしたりといったことは出来ないけれど、不動産など手放したくない財産がある場合、そして、資格制限に該当する職業に就いている人に適した債務整理の方法であるということが言えます。

 

個人民事再生について

民事再生でも、個人のみを対象にしたものがあります。
その手続きのことを個人民事再生といいます。

 

民事再生は、住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円以下の人、返済不能の可能性がある、継続した収入を得る見込みがある人が、利用することが出来る債務整理です。

 

民事再生のメリットは?

民事再生は、自己破産と違い、所有している不動産などの高額な財産を手元に置いたまま、借金の整理を行うことが出来ることでしょう。
自己破産の場合は、借金の返済義務がなくなり借金が0になるというメリットがありますが、民事再生の場合は、借金が0になるという訳では、ありません。
しかし、住宅ローン以外の借金については、大幅に減額させることが出来るのも大きなメリットといえます。
住宅ローンがある場合、住宅ローンについては減額されることが一切ありませんが、住宅ローンの返済期間を延長して、毎月の住宅ローンの返済額を減額させることが出来る場合があります。

 

自己破産のように、財産の差し押さえ、資格制限に該当する職業に就いている場合はその職業を続けることが出来ないといったデメリットがありますが、民事再生は資格制限は一切ないので、資格制限に該当する職業の人であっても、仕事を続けることが出来ます。

 

民事再生のデメリットは?

民事再生にもデメリットはあります。
民事再生の場合、借金が減額された場合であっても、返済義務がなくなる訳ではありません。
ですから、住宅ローンに関しては全額を、その他の借金は、減額されるものの、原則として3年という期間内で返済する必要があります。

 

信用情報機関に登録される
民事再生を行うと、民事再生手続きを行ったことが、信用情報機関に登録されます。
登録されてしまうと、5年から10年の間は、借り入れをしたりローンを組む、クレジットカードを作るといったことが出来なくなりますので、ご注意ください。