MENU

任意整理の費用はいくらかかる?

 

任意整理の費用

任意整理に掛かる費用についてですが、これは、弁護士事務所、司法書士事務所といった依頼崎に支払うお金です。
これらの費用については、事務所ごとに異なりますので、任意整理には○○円掛かります、といったように言い切ることが、出来ません。

 

しかし、任意整理の相場という話であれば、1社ごとに30,000円〜40,000円程度の費用が掛かるのが一般的のようです。

 

事務所選びのポイント

依頼する事務所を選ぶ場合は、事前に、費用がいくら掛かるのかといった金額がきちんと提示されている、また、追加費用は一切掛からないなど、料金について明確になっている事務所は、信頼することが出来ると考えていいでしょう。

 

債権者ごとに交渉を行いますが、それらに掛かる切手代など、全て含んだ代金がいくらなのかという、金額についてきちんと教えてくれるかどうかを確認してみましょう。
事務所選びのポイントとしては、きちんと総額として金額が表記されている事務所を選ぶことにあります。
そして、事前見積もりを依頼することが出来る事務所は、理想的です。

 

ホームページの料金を信用しない

ホームページでは良心的な金額を公表しているのに、実際に依頼してみたら高額な費用が発生したというケースもあります。

 

理想としては、金額をしっかり教えてくれる、事前見積もりをしてくれる、そして、任意整理の手続きが完了した後も、アフターサポートを設けている事務所は、とても頼りになりますね。
任意整理の費用を支払う際、一括ではなく分割で支払うことが出来る事務所も随分と増えてきました。
任意整理を行うということは、それだけ返済に困っている状況ですから、分割払いを行ってくれる事務所を選ぶのも、安心材料のひとつといえるでしょう。

 

ギャンブルなどの理由でも任意整理ができる

任意整理を行う場合、借金をしてしまった理由が買い物依存症などの買い物のしすぎ、酷いギャンブルなどのように、遊びを目的としたことが理由で借金を重ねて返済することが出来なくなってしまった場合であっても、任意整理を行うことが可能です。

 

任意整理は、借り入れがある場合にこれまでの支払いを遡って、過払い金があればそれを債権者へ請求して、その分のお金を元金の返済に充てることが出来るというメリットがあります。

 

もし、利息制限法の着ていないの利息であれば当然、過払い金が発生することは、ありません。
このように、借金の理由によって任意整理が出来ないといったことは、ありません。
しかし、借金の内容次第では、任意整理の効果をあまり得ることが出来ないといった場合もあります。

 

せっかく任意整理をしたのにまた借金をしてしまっては、意味がありません。
もし負債を抱えているのであれば、どうしてそのような状況になってしまったのかといったことも、振り返ってきちんと自分と向き合うことも重要です。