任意整理 借金問題 解決

MENU

任意整理で借金問題を解決

 

任意整理とは

任意整理とは、司法書士が債権者と一緒に、借金をどう返済していくか、その返済額について話し合い、きちんと毎月支払いを行えるよう行う手続きのことをいいます。
自己破産のように、裁判所が関与する手続きでは、ありません。

 

債務整理の手続きは、自己破産、任意整理、民事再生といった方法がありますが、この中でも任意整理は、最も利用されている債務整理の手続きです。

 

利息制限法の上限金利を越えた金利の消費者金融などと取引きがある債務者であれば、利息制限法に基づいて金額の引き直し計算を行います。
過去に利息を払い過ぎている場合は、その差額を元本に充てて、本来充てるべき返済額に回すことで、借金が減額します。
中には、その差額で借金が0円になった人も多くいます。

 

利息制限法引き直し計算によって減額された後は、今後は利息をカットして分割払いを行う、過払い金を利用したり親族などの援助で一括返済する代わりに借金の減額交渉など、必要な交渉を行っていきます。
利息カットについてですが、これは多くのケースで交渉が成立している一方で、減額交渉については、全て交渉が成立するとは言い切れません。
先程もお話しましたが、自己破産と違って任意整理は裁判所は関与しません。
ですから、裁判所に提出する書類作成といったことは、行いません。

 

司法書士はどこまで手伝ってくれるのか

任意整理を行う場合、司法書士が債務者の代理として手続きを行います。
しかし、司法書士は弁護士ではないので、法律に基づいて行うことが出来る範囲が決まっています。
司法書士の代理権についてですが、これは、訴訟などの目的の価額が140万円以内に収まる事案に限ります。

 

訴訟や紛争の目的の価額については、任意整理の手続きにおいて債務者が受ける経済的利益をいいます。
例えば、利息制限法の上限利率を超える利率計算で出た300万円の債務があるとします。
その債務を、利息制限法に基づき引き直し計算をし200万円とした場合、債務者が受ける経済的利益は100万円になります。
つまりこの場合は、債務者の経済的利益が100万円ですから、価額の140万円以内なので司法書士が手続きを行うことが出来るということです。

 

借り入れ先が数社ある場合、140万円を超えてしまうから司法書士にお願いすることが出来ないと考える人もいるかもしれませんが、この計算は、借り入れ先1社ごとに行います。
ですからもし、100万円の借入が3社あった場合であっても、1社が140万円を超えることがない場合であれば、司法書士の代理権の範囲内といえるのです。

 

任意整理のメリット

任意整理のメリットというのは、手続き完了後の将来の利息が免除されます。
利息分が免除されますから、借金を完済させることが出来る時期が早くなります。
また、利息制限法の計算で債務の総額が減ります。
もし、借り入れ先との取引期間が長い場合は、過払いになっていることもあるので、借り入れがある場合は、過払いがないかどうか一度相談してみるといいでしょう。
任意整理は、融通が利く債務整理なので、今ある借金の一部のみを任意整理で解決するといった方法も可能です。

 

任意整理のデメリット

任意整理を行うと、任意整理後5年間は、借り入れをしたりクレジットカードを作ったりといったことが出来なくなります。
これは、ブラックリストに債務者の名前が記載されるためです。

 

自己破産や個人再生といった手続きに比べて、任意整理は、借金の金額を減額させる力はそこまでありません。
ここ数年で、任意整理に応じない消費者金融なども増えてきていますから、じっくり相談して正確な判断で債務整理を行いましょう。