債務整理 何をする

MENU

債務整理って何をするの?

借金問題を抱え苦しんでいる人は、ここ数年では随分と増えてきているように思えます。
なのに、きちんと借金整理が出来る方法があることは、あまり知られていないようにも思えます。

借金の金額が大きく、どうしても返済することが出来ないという状況になってしまった場合、破産手続きを行う人もいます。
破産と聞くと、いいイメージを持つ人はまずいないでしょう。
ですが、破産手続きを行うことによって、借金問題を解決してくれるというのは事実です。
借金の額が高額で、どうしても返済することが出来ないという状況に陥っている人であれば、一度破産手続きについて考えてみるといいかもしれません。

 

債務整理は何をするのか

破産手続きだけでなく、持ち家を手放したくない、借金は返せるが利息までは返済出来ないといった場合に、他の方法がありますが、それが債務整理です。
債務整理というのは、法的に借金を見直すことで、これまで借金に追われていた生活から解放してくれるもの。
つまり、借金で困っている人の生活を再生させることが出来るものなのです。

 

債務整理はあくまでも、借金を抱えて困っている人を守ってくれる解決方法として行うものです。
債務整理には、いくつか種類がありますから、その種類、そして債務整理に対するきちんとした知識をつけて、ご自身の状況に合う債務整理の手続きを行うことが大切です。

 

債務整理は3種類
債務整理には、

 

任意整理
民事再生
自己破産

 

といった種類がありますが、借金で悩んでいる人であれば、今ある借金を全てなくしたいと思っている人も勿論いれば、借金をなくしたいのは当然だが出来ればきちんと返済したい、持ち家はそのまま所有していたいが借金はなくしたいなど、借金を抱えている人それぞれが色々な理由や希望を持っています。

 

そういった、借金を抱えている人の状況、考えに合わせることで、それに合った債務整理の方法を選択する必要があります。
ですから、これらの債務整理がどのようなものなのかということをきちんと理解することで、あなたに合う借金解決の方法が必ず見つかるでしょう。

 

過払い金について知っておく

ご自身がこれまで行ってきた借金返済について、一度見直してみるのもいいかもしれません。
借金返済について、これまで返済金を払い過ぎているケースがあるのです。
見直すことで、返済したお金が戻ってくることもあるのです。

 

利息制限法に基づき、これまで支払ってきた高い利息から、正しい利息の金額を差し引いた分の金額が過払い金となり、その差し引いた金額が戻ってくるというものです。
過払い金は、名前の通り「払い過ぎているお金」ということですから、その分を本来返済すべき金額に回せるということから、借金が大幅に減った人や、借金が0円になった人も多くいるのです。
これは、債務者にとって大変嬉しいことであり、借金解決への近道にもなります。
ですから、損をしてしまわないように、一度これまでの返済について見直してみるといいかもしれません。