MENU

債務整理を成功させるためには

債務整理に至るまでの経緯というのは、人によって色々な理由があります。
借金の内容、収入はどのくらいあるのか、不動産などの財産を所有しているかなど、債務者の条件によって、債務整理の方法に違いがあります。

 

 

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産といった方法がありますが、これらがどのようなものなのか、またそのメリットとデメリットをきちんと理解すること、そして状況に遭った債務整理を選択する必要があります。
ですから、今ご自身が置かれている状況をまず自分自身で把握してから、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談しましょう。

 

自分で今の状況を把握する

今いくら収入があるのか、その収入は給与か・事業か、どの消費者金融からそれぞれいくらずつ借金をしているのかなど、今の状況をまず自分自身で把握しましょう。
借り入れが複数ある場合は、借金で首が回らず、今いくら負債を抱えているのかということが分かっていないこともあります。
ですから、相談する前にまず、自分がどこからそれぞれいくらずつ借りているのかといったことを書きだしてまとめておきましょう。

 

借金問題の相談を弁護士や司法書士にするといった方法がありますが、弁護士などの法律家に相談するのは、どうしても相談しづらい、費用が気になる、敷居が高いなどといった理由で、債務整理自体をほとんど知らない人も少なくないようです。
その結果、莫大な借金を抱えたことを苦に自殺をしてしまうという人も実際にいるのです。

 

どんなに莫大な借金を抱えていたとしても、このように債務整理を行うことで、借金問題を解決することが出来る糸口が必ず見つかります。
ですから、間違って悲しい選択をしてしまうことだけは、絶対にやめてください。
どんな理由であれ、借金問題は返済する気持ちがあれば、必ず解決します。

 

借金を放置しない

弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することで、どの債務整理が適しているのかを知ることが出来ますし、あなた自身が納得した上で債務整理の手続きを開始することが出来るようになります。

 

借金を抱えている人の中には、明らかに返済することが出来ないものをそのままにしてしまっている人もいるようですが、借金は、放置していても数年後に自然に消滅するといったことは、絶対にありません。

 

ですから、何かしら方法を考えて必ず解決しなければならない問題です。
債務整理の相談をする前に、今1ヶ月にいくらの収入があるのかその総収入、そこから毎月いくら借金返済に充てているのか、その金額を計算しておきましょう。
毎月の収入に対していくらの返済金額が必要なのかということが理解できます。
このように、支出が分かるだけでも随分と気持ちが違ってきます。

 

もし、その計算をして給与が返済に追いつかない場合、弁護士などの専門家へ相談しましょう。
相談依頼を決めたら、法律事務所に足を運ぶまでに、借り入れが何件あるのか、それぞれいくらずつ負債があるのかをメモなどにしてまとめておきましょう。

 

弁護士や司法書士は、あなたの情報を元に、どの債務整理が適しているのかを教えてくれます。
あなたの債務の状況で判断しますから、うろ覚えのまま相談して、後からまだ他にも借金があったことが発覚すれば、また最初から返済スケジュールなどを考えなければならなくなります。
そうなると、これまで費やしてきた時間も費用も無駄になります。
そのようなことにならぬよう、自分の債務状況は、事前にしっかりとまとめておきましょう。