MENU

借金のある人はどんな悩みを抱えているの?

借金問題を抱えている人の多くは、やはり、借金を返済したいけどお金がないから返済することが出来ないという悩みを抱えているようです。

借りたお金というのは当然、自分のお金ではないので、きちんと返済することは当たり前ですし、毎日仕事をしてお給料を貰いながら月々きちんと返済をすることが出来るのであれば、それは行うべきであるのが当然ですが、ではそれが叶わない人にとっては、どのように返済していけばいいのでしょうか。

 

借金を返済したいけど出来ないという人は多くいます。
とはいえ、どうしても返済することが出来ず困ったとき、自己破産や民事再生といった手続きを行うことで、借金問題を解決することが出来る方法だということを理解する必要があります。

 

自己破産をおおなった場合、既婚者であれば妻や子供、親戚などに迷惑が掛かってしまうことを心配する人もいるようですが、自己破産を行う場合は、自分以外に迷惑が掛かるといったことはないと考えていいでしょう。

 

自己破産が戸籍などに記載されて残ってしまうことを心配している人もいますが、それもありませんし、必要な手続きが終了すれば、海外旅行に行きたければ行くことが出来ます。
自己破産をした場合は、身分台帳といって、目につかないところに記載はされますが、戸籍に掲載されて残るといったことはなく、また、手続きが終了することで記載が消えます。

 

どの方法で債務整理を行うべきか?

 

自己破産を考えつつも、自己破産のイメージが邪魔をして、出来るだけ任意整理や民事再生といった方法で借金問題を解決しようと考える人もいます。

 

ですが、債務整理というのは、個人の今の状況や持っている希望に合わせてその方法を選ぶ必要があります。
今ある借金を、毎日の生活に支障を来たすことなく、きちんと働きながら毎月のお給料の中から返済することが可能なのであれば、支払えているのですから債務整理を行う必要はないと思います。
ですが、毎月のお給料からなんとか支払ってはいるが利息までは払えない、生活が圧迫されているといった場合は、任意整理、民事再生といった方法を取るといいでしょう。

 

それ以上に、もうどう頑張っても借金返済を行うことが不可能であるという場合は、自己破産を行うという選択は、決して間違ったことではありません。
借金をそのままにしてしまうのが、一番いけないことです。
困っている場合は、その道の専門家や法律のプロである弁護士に相談して、ご自身がどのような債務整理を行えばいいのかなど、しっかりと相談するといいでしょう。
プロに相談するこで、借金返済のことで精神的にも肉体的にも追い込まれてしまっている人も、きれいに解決する道が開けますし、何よりも借金をなくすことが出来る、返済額を減らせるといったことがありますから、一人で悩まずに、どうしようもないときは相談しましょう。

 

借金問題は、一人で悩んでも決して解決はしません。
困っているのであればぜひ、プロに相談して今ある借金問題を解決しましょう。