MENU

ブラックリストってどんなリスト?

 

ブラックリストとは

債務整理を行うことで、信用情報機関に債務者の情報が登録されます。
この場合、借り入れを行うことが出来なくなります。
信用情報機関に債務者の情報が登録されるものをブラックリストと呼んでいます。
これは、債務のある人もない人も知っている言葉ですね。
とはいえ、実際に黒いファイルのようなものが存在する訳では、ありません。

 

新規の借り入れ申込を受けた貸金業者は、借り入れを希望している人の信用情報機関の登録情報を確認します。
これは、過去に借り入れ経験があるか、その場合は滞納などをしていないかといった情報を見るため、つまり、信用してお金を貸しても問題ないかどうかを判断するものです。
もし、滞納など事故情報の登録がある場合は、お金を貸してもらえません。
また、滞納金がある場合については、現在所有しているクレジットカードの利用が出来なくなることもあるので注意が必要です。

 

個人信用情報の開示
あなたの信用情報がどうなっているのかを、情報機関に開示請求を行うことが出来ます。
もし、開示された内容について誤りがある場合は、それを申告することで信用情報機関を通じて審査を行うことが可能になります。
また、信用情報の訂正・削除については、信用情報を登録した会社でしか行うことが出来ないので注意しましょう。

 

詐欺に注意する

ここ数年で、信用情報機関と提携しているからと、手数料を支払うことで事故情報を削除しますよといった詐欺が横行しています。
このようなことは、まずありません。
手数料を払うことで事故情報が消えてしまうのであれば、借金し放題になってしまいます。
そんなバカげた話は、一切ありませんから、信用しないように注意しましょう。

 

携帯料金滞納も事故情報として登録される

信用情報機関に事故情報が登録されるのは、借り入れなどの支払いが延滞・滞納してしまっている場合ですが、携帯電話の料金の滞納なども同様です。

 

一見、携帯料金の支払いが遅れてしまったからといって、信用情報に登録されてしまうなんて思わないと思いますが、携帯料金であっても登録されてしまうことがあります。
では、それは一体どのような状況の場合なのでしょうか。

 

現在では、携帯電話の新規契約や機種変更の際に、毎月の携帯の通話料金と併せて携帯端末の代金が分割という形で一緒に請求されることが多くなりました。
利用者は、携帯の通話料を滞納している感覚かもしれませんが、このような購入の仕方の場合は、分割払いでローンを組んで携帯端末を購入している形なので、携帯料金を延滞してしてしまうことで、割賦販売に関する信用情報機関に、事故情報として登録されてしまうのです。

 

この滞納は、2〜3ヶ月滞納してしまうことで登録されてしまうようです。
仮に、毎月の携帯の利用料金の金額が小さい場合であっても延滞してしまえば金額に関係なく事故情報は登録されてしまいます。
支払い後5年間は、その事故情報は削除されないので、十分ご注意ください。