女性専用 借金相談窓口

MENU

女性専用の借金相談窓口を利用する

借金に悩む4割は女性

借金問題を抱えている人のうち、4割は女性です。
借金を抱えている女性の場合、女性特有のものの場合が多く、借金を抱えてしまっていても、家族や友人などに相談することが出来ず、一人で問題を抱え込んでしまっていることが多くあります。
債務整理を考えているものの、誰にどうやって相談していいのか分からない・・・このような理由で、借金の相談を躊躇ってしまっている女性も少なくないようです。

 

 

女性専用の債務整理相談窓口

借金問題を抱える女性のために、女性専用の借金相談・債務整理相談窓口があるのをご存じでしょうか。
女性専用ということで、相談に乗ってくれるスタッフも勿論、全員女性です。
ですから、安心して今ある借金問題を相談することが出来るのです。

 

インターネットを利用して検索してみると、女性専用の債務整理相談窓口といったものがヒットします。
どの相談窓口も、無料相談を行っています。
女性の借金と聞くと、一人暮らしの女性といったことをイメージするかもしれませんが、現在は、家庭を持つ主婦の借金問題も多くなってきました。
ここ数年で、専業主婦でも借り入れが出来るようになったり、クレジットカードで気軽に買い物をすることが出来るようになりましたね。
そのようなことが理由で、どんどん借金を重ねてしまう主婦がいます。

 

とはいえ、借金を抱える主婦の場合は、その理由が買い物やギャンブルといった浪費に限ったことでは、ありません。
夫の収入が減ってしまう、夫が失業してしまう、子供がまだ小さく働きに出ることが出来ないなど、生活が困窮してしまったことが原因で、それを補填すべく一時的にお金を借りるといった考えだったのに、意外と簡単に借り入れが出来てしまうことから、借り入れ社が増えていってしまう悪循環が起きることも増えてきているようです。

 

こうなってしまうと、夫に相談することが出来ず、一人で悩みを抱え込んでしまい解決することが出来ない状況に陥ってしまうのです。

 

女性の借金以前に、借金問題を抱えている人は、一人でその問題を抱えてしまう人が多くいます。
借金問題は、一人で悩んでしまうことや、一人で頑張ってしまうというのは、返って逆効果になることがあります。
借金が膨れ上がってどうにもならなくなってしまう前に、出来るだけ早く弁護士や司法書士に相談をしましょう。

 

女性の借金問題を専門に扱っている法律事務所もあります。
相手が男性だと、相談しづらいという状況も、女性専用の相談窓口のスタッフは全て女性ですから、リラックスしてきちんと借金問題の相談をすることが出来るでしょう。

 

複数の消費者金融から借り入れをしてしまうのは、最初に借りた金額に対して、大体は、時間は掛かるが毎月一番少なくても5,000円ずつ返済していけばいいという安易な考えから。
借り入れ額がそこまで大きくない場合、月の返済額が5,000円程度で済む場合があります。
消費者金融は、毎月○○円ずつ返済するといったところがある一方で、毎月最低でも○○円の返済をしつつ、その会社のATMを利用して返済出来る時にいつでも好きな金額を返済すればいいという気軽さから、「1社5,000円の返済だから4社で20,000円、これなら毎月返せる額だ」などと、ざっくりとした安易な考え方で借りてしまうところにもあるようです。

 

借り入れをして得をすることなど、ありません。
生活苦を理由に消費者金融に借り入れをする人も多いでしょう。
しかし、その月のお金を借りても、翌月の支出を増やすだけに過ぎません。
ですから、返済能力が乏しい人が消費者金融を利用するというのは、イメージするだけでも理解しがたい部分があります。

 

借金をそのままにしてしまっても、借金がなくなることは、ありません。
借金を延滞・滞納してしまうことで、1日ずつ利息が発生します。
実際のところ、多重債務者が債務整理を行うと、過払い金が多いケースが多く、この過払い金で借金の額が減ったり、中には借金が0円になった人もいます。

 

弁護士や司法書士などの専門家に依頼して債務整理の手続きを行うことで、債権者からの督促がストップします。
これは、返済額を確定させるためです。
借り入れの場合、利息の再計算を行うことで今ある借金が確実に減額になります。

 

まず、債権者からの督促が止まるということが、債務者にとって一番気持ちがラクになることだと思います。
月々の返済額を見直されることで、これまで抱えていた借金問題を解決することが出来るようになるでしょう。