MENU

借金は繰り返してしまうもの?

債務整理と聞くと、自己破産をイメージする人が多いと思いますが、債務整理は、自己破産だけでは、ありません。
債務整理を行う場合は、今ご自身がどんな状況なのか、またその状況に対してどの債務整理の方法が適しているのかといった正確な判断が必要になります。

 

 

債務整理を行う場合は、個人で行うのは難しいものがあります。
もし、債務整理を検討しているのであれば、弁護士や司法書士などの法律のプロに依頼することが確実です。

 

法的な債務の整理方法の他にも、任意整理といった方法もあります。
債務整理は、自己破産のように裁判所を通すことなく、今後どのように返済していくかということを債権者と話し合い、要望があれば交渉し、今後の返済方法をもう一度決める手続きです。
任意整理は、債権者と債務者が直接話し合いを行うのではなく、弁護士や司法書士が、債務者の代わりに債権者に交渉などを行います。
この時、利息の再計算を行って、今後の返済金額を減額させることが可能な場合もあります。

 

弁護士や司法書士に依頼する場合は、費用が発生しますが、その費用を気にするよりもまず、今ある借金問題をどのようにして解決していくかが一番重要です。

 

せっかく任意整理を行って借金問題を解決しても、また借金をしてしまっては、意味がありません。
再び借金を繰り返してしまわないように、これまでの生活や、どうしてそのような借金を抱えてしまったのか、これまでの自分と向き合う必要があります。

 

自分の収入と支出を把握する

今後、新しい借金を作ってしまわないように、毎月何にいくら使っているのかといった家計簿をつける習慣をつけてみましょう。
相談した弁護士や司法書士から、家計簿をつけるように言われることもあるようですが、実際に、家計簿を付けることで、いつどこで何にいくら使ったのかがしっかりと分かります。
また、書くことで自分自身もいくら使ったのかを自覚することが出来ます。

 

家計簿をつけることで、何にお金を多く使っているのか、それが分かった場合、本当にそれが必要かどうか、どこを節約すればいいのかなど、毎月の必要経費が見えてきます。

 

家計簿は、これまで自覚することが出来なかった無駄な支出を知ることが出来ます。
また、毎月いくら無駄遣いをしているのか、本当に必要な生活費はいくらなのかということも知ることが出来ます。

 

もし、あなたの抱えている借金の原因が買い物依存症である過度な買い物、過度なギャンブル癖であった場合は、病気だと自覚しましょう。
依存症は、自覚することが出来なければ治すことなど出来ません。
依存症を治したいからと専門的な病院に通う人もいる程です。

 

せっかく借金を解決しても、依存症でまた同じことを繰り返してしまうようでは、何度債務整理を行ったところで、何も解決などしていないのです。

 

ご自身の借金の理由は何なのか、また、なぜ借金返済が滞ってしまったのか。
その理由を知るためにも、一度自分としっかり向き合い現実を知る必要があります。