MENU

借金の相談は包み隠さずすべてを話す

弁護士事務所や司法書士事務所には、任意整理の依頼が沢山きます。
しかし、確かに法律の専門家ではありますが、いくら法律のプロであっても、全ての分野に対して専門的な対応が出来るといったものでは、ありません。

 

 

いくら弁護士や司法書士であっても、普段扱わない案件の場合、これまでの記憶を呼び起こしてみたり、本や資料などでその案件について色々と調べる必要が出てきますから、時間や費用も掛かってしまう場合ももちろんあります。

 

任意整理を行う場合、消費者金融やクレジット会社を相手に交渉を行いますが、万が一、その消費者金融などが倒産してしまっている場合、過払い金があったことが分かっても、もう倒産してしまっていますから、これまで費やした時間も費用も無駄になってしまいます。
そのようなことにならないように、消費者金融などの会社の情報を把握しておく必要があります。

 

会社の情報をきちんと更新し把握することで、新しい情報を保持することが出来るようになれば、債務者から依頼をされた場合でも、その会社の状況を把握していますから、きちんとした判断をして力になってくれるでしょう。
このような点からみても、債務整理を行う場合は、弁護士や司法書士といった法律のプロに相談するようにしましょう。

 

事前に自分の負債を把握しておく

弁護士事務所や司法書士事務所では、正式に依頼する前に、無料相談を行っているところも多くあります。
無料相談ですから、気軽に利用することが出来るのがメリットではありますが、せっかく相談をするのに、自身にどの程度の負債があるのかきちんと把握していなければ、相談をすることが出来ません。

 

無料相談を申し込む前に、実際に今どのような負債があるのかをまず自分で把握しましょう。
どの会社からいくらの借り入れがあるのか、毎月いくらずつ返済しているのかといったことを把握しておく、また、一番新しい請求書も用意しておくといいですね。
借り入れをしている会社の名前は、正確に覚えてメモにまとめておくといいですね。

 

なんとなくで相談をして、後から他にも借金があったといったことがあると、また最初から返済計画などを考えなければなりません。
あまりにもいい加減な相談をしてしまえば、弁護士や司法書士も、この人のために働きたいなどとは思いませんから、依頼を受けてくれたとしても、真剣になってくれないかもしれません。

 

弁護士や司法書士は、守秘義務を負っています。
あなたのプライバシーはきちんと守ってくれますから、負債など相談することは、包み隠さず全て話してしっかりと相談してから依頼することで、任意整理を成功させることが出来るでしょう。

 

借金をするということ自体に問題がある訳では、ありません。
重要なのは、返済が滞ってしまっている負債がどのくらいあるのかということ。
借金をそのままにしておいても、借金がいつか自然になくなるといったことは、絶対にありません。
借金返済が滞ってしまっているのであれば、出来るだけ早い段階で専門家へ相談しましょう。
専門家に相談することで、どのように今抱えている借金問題を解決すればいいのか、あなたの状況に合う債務整理の方法を提案してくれるでしょう。

 

債務整理を行う場合、費用を気にして個人的に手続きを行おうと考える人も中にはいるようですが、法律のことをほとんど知らない人間が債務整理を行うというのは、なかなか難しいかもしれません。

 

やはり、弁護士や司法書士といった法律のプロに任せるのが賢明かと思います。
無料相談の段階で、正式に依頼することを決めるのもいいでしょう。
弁護士事務所や司法書士事務所の多くは、無料相談を設けている事務所も多いので、まず無料相談を利用してみましょう。

 

依頼するしないは別として、無料相談の段階であっても、何社からそれぞれいくらずつ借り入れをしているのかなどをしっかりとメモしてまとめておきましょう。
そうすると、相談しやすいですし、専門家も相談者の今の状況を把握しやすくなりますから、どの債務整理を行った方がいいのかというアドバイスもしやすくなるでしょう。