借金 取り立て 止めたい

MENU

借金の取り立てを止めたい

借金の返済が長く滞ってしまっている場合、その借金をそのまま放置してしまうことで、債権者からの督促が過剰なものになることがあります。
テレビでヤミ金の取り立ての再現VTRを見たことがある人は、それをイメージしてみると分かりやすいかもしれません。

 

 

債務者が、借金をきちんと返済しなかったり、専門家に相談などをせずに放置してしまっていたことが原因ではありますが、借金の取り立てが過剰なものになる場合は、貸金業法違反に該当する場合があります。
貸金業法違反に該当した場合、懲役2年以下、または罰金300万円の刑に処されます。

 

時間外の取り立ては違法

債権者は、21時〜翌8時までの間に正当な理由なく債務者の自宅を訪問したり、また、電話やファックスといったものを使って請求を行うことは固く禁止されています。
この時間帯以外であっても、債務者が退去を要請しているのにその場に居座るなどの行為も違反になります。
ましてや、暴言を吐く、脅迫する、暴力を振るう、何かを破損するといった行動に関しては、傷害、恐喝、器物破損などのケースへと発展することも考えられます。

 

ここまで読んで、このような取り立ての仕方はヤミ金が行いそうだとイメージした人も多いと思いますが、万が一、債権者側がそのような行動に出た場合は、警察に相談をする、また、管轄の財務局や県庁の貸金業担当課に異議申し立てを行うことが出来ます。
このようなことが起これば、監督官庁から業務停止命令または貸金業者登録から抹消されるといった厳しい処分が下ります。

 

法律はあなたを守ってくれます

相手が、法律など関係ないといって暴力などを振るってきた場合は、対処することが出来るでしょうか?
警察を呼んでも、訪れた警官は必ず真剣にこの件に対応してくれるでしょうか?
このような保障は、ひとつもないのです。
このような事態を引き起こしてしまう前に、弁護士や司法書士に相談をして、債務整理の手続きを行うことで、今抱えている借金問題を解決することが出来るでしょう。

 

現在では、借金問題を抱えている人も多いことから、債務整理に関する無料相談を設けている法律事務所も少なくありません。
専門家に話を聞いてもらうだけでも、解決の糸口を見つけることが出来る人もいます。

 

借金の取り立てを止めたいのであれば、債務整理が一番の近道です。
もし、弁護士費用などを心配している場合でも、分割して支払うことが出来る法律事務所も多くあります。
そのような事務所を見つけて、相談してみるといいでしょう。