MENU

自己破産後も取り立ててくることがある

自己破産の手続きを行うことを検討している人の中で、自己破産後にどんな不自由があるのかなど、自己破産後のことについて色々と考える人もいるようですが、実際に、何らかの不安を感じていることで、自己破産の手続きを踏みとどまってしまう人がいつようです。

 

 

自己破産の手続きは、もうどうしようもなくなってしまった借金を0にして、人生の再スタートを切るための最終手段です。
自己破産の手続きを行うことで、リセットすることが出来ますから、また1から生活を立て直して人生をやり直す機会であると考えれば、自己破産の手続きを行ったことで後々何かを後悔するとは考えにくいことだと思います。

 

自己破産の手続きを行うことで、精神的にも肉体的にも、謝金問題から解放されるので、自己破産をしたことを後悔している人は少ないようです。

 

ヤミ金は自己破産後も取り立ててくる

もし、今抱えている借金問題がヤミ金である場合は、自己破産の手続き後であっても取り立てを続けてくることがあります。
この場合は、大変悪質ですから、すぐに弁護士に相談し対応してもらうようにしてください。
後悔すべきは、自己破産手続きではなく、ヤミ金から借金をしてしまったことです。
借金をしないのが一番の方法ですが、借金をしてしまった以上は、その借金を返済して0にすること。
しかし、どうしてももう返済することが出来ない状況なので、自己破産を行うからと不安は大きいと思いますが、自己破産の手続きを行うことで、借金問題を解決することにもなりますし、何よりも自己破産はとても前向きな考え方であると認識しましょう。

 

もうどう頑張っても支払うことが出来ないと分かっている借金をそのまま抱えていても、利息で負債額は増えるばかりです。
ですから、自分や家族を助けるために、そして何よりも人生の再スタートを迎えるためにも、自己破産の手続きは最良の選択といえます。

 

ヤミ金の借金は弁護士に相談

自己破産を検討している場合は、弁護士事務所に相談すると思いますが、借金をしている相手がヤミ金業者である場合は、一筋縄ではいきませんから、ヤミ金業者に詳しい弁護士事務所に出来るだけ早く相談してください。

 

借金を返済せずそのまま放置しておくことで、厳しい取り立てが始まります。
相手はヤミ金業者ですから、平気で乱暴な言葉を使ってくることもありますし、取り立てというより恐喝のようなことをしてくるヤミ金業者もいるでしょう。
ヤミ金業者は、そのような違法な取り立てをするところも少なくありません。

 

ヤミ金業者の取り立てに問題がある場合は、直ちに弁護士に相談をしなければ、解決することは難しいかもしれません。

 

違法な取り立て方法とは

ヤミ金業者の取り立ては、違法なものも多くあります。
違法な取り立てというのは、恐喝のような取り立てを行うことです。
怒鳴らずとも、相手が女性なら遠回しに、風俗店で働いて金を稼げといったことを言ってきたり、家族に危害を加えるなどということを言ってくることもあります。
怒鳴らず静かな口調で話していても、この内容は立派な恐喝です。

 

絵に描いたような態度で脅すような行為や、暴力行為、家の中のものを壊すなどの行為は、明らかに暴力です。
22時〜翌8時まで、貸金業者は債務者へ取り立てを行うことは禁止されています。
また、正当な理由なく債務者の自宅へ行くことも違法ですし、退去を命じても居座るなどした場合も違法です。
この場合は、警察に相談するのもいいでしょう。

 

このような事態を招いてしまった一番の原因は、ヤミ金に借金をしたことですが、いくら債務者が返済金を滞納してしまったからといって、このような乱暴な行動をしていいという根拠は、どこにもないのです。

 

ヤミ金の借金問題であれば、弁護士に相談しましょう。
特に、ヤミ金業者に詳しい弁護士は、もっと話が早いかもしれません。
弁護士は、このようなヤミ金業者からの借金問題にも対応してくれます。

 

債務整理で取り立てを止める

債務整理の手続きを行うことで、取り立てが止まります。
ヤミ金業者の場合は、債務整理の手続きを行っても取り立てを止めないところもありますが、ほとんどの業者の場合は、このような手続きを行った場合は、自分自身も違法なことをしているのを自覚していますから、あまり強気に出てくることがありません。

 

弁護士に相談する場合は、無料相談を設けている事務所を選びましょう。
しかしながら、いくら法律のプロの弁護士であっても、ヤミ金業者の対応を嫌がる法律事務所も実際にあります。
ですから、ヤミ金業者に詳しい法律事務所を選んで相談するといいでしょう。