MENU

どんなにお金に困ってもヤミ金には頼らない

090金融など、電話と振込融資だけで小口貸付を行い、貸金業登録をしていない業者は確実にヤミ金業者です。
チラシをポスティングするなどして勧誘を行い、これまでヤミ金業者を利用したことがある人の名簿を買って直接電話で融資の勧誘電話を掛けてくるなどして顧客を探します。

 

 

チラシには、50万円まで無担保融資といったことや、即日融資可能、ブラックの方でも融資しますなど、何かと甘い言葉を並べて勧誘をしてきますが、実際は、50万円まで借り入れが可能というのはあくまでも勧誘の言葉に過ぎません。
50万円の借り入れを申し込んでも、他社に借り入れがあるから審査が通らないといった理由や、融資は可能だが信用を見るので最初は○万円(1〜3万円程度の少額)しか貸せませんなど、それらしいことを理由にして、実際に50万円の融資を受けることなど出来ません。

 

ヤミ金業者の言葉を信用しない

このような内容の貸付は、出資法違反です。
また、このようなヤミ金業者の金利は、年利1000%に近い暴利でありながら利用してしまう人がいるのは、なぜなのでしょうか。
これは、生活に困っていて消費者金融から借り入れをしている、しかし返済が滞ってもうどの消費者金融からも融資を受けることが出来ないといった状況の人。
そのようにどうしようもなくなってしまった人からすると、090金融などの甘い言葉は、大変魅力的なものに見えてしまうのです。

 

生活に困っている、相手がヤミ金業者だと分かっていても、すぐに現金が手に入る状況が目の前にありますから、暴利だと分かっていても、ヤミ金業者からの理不尽な条件を提示も、飲んでしまうのです。

 

また、このような状況で、最初は少額ながら融資をした後で、今度は低金利で50万円融資しますよといった甘い言葉で、更に深みにはめていくのです。

 

あっという間に増える借金

090金融などのヤミ金業者からお金を借りてしまった場合、10日で○○円支払うといった返済方法を行うこともあります。
この場合、その場しのぎが出来ますから、債務者がお金に困っていようとも、利息だけを先に徴収して、返済期日を先延ばしにします。

 

そもそも、ヤミ金業者にまで頼ってしまっている辞典でおあk根に困っていますから、また他に融資してくれるヤミ金業者に借り入れを行うといったことを繰り返していくうちに、当然ながら、返済など出来ない状況を迎えてしまうことになります。

 

ただでさえ一般的な消費者金融を何社も利用して、その返済が滞っているのですから当然、ヤミ金業者から借りた高金利の返済など出来る訳がないのです。
このように、他社への融資を繰り返してしまうことで、数日もあれば、あっという間に借金が雪だるま式に膨れ上がってしまうのです。

 

しかし、ヤミ金業者は、そんな債務者の状況などおかまいなしに、利息分を上乗せし貸付をしたことにして負債額を増やして高額なお金を要求してくるようになります。
ヤミ金業者の場合は、10日もあればあっという間に借金が膨れがります。

 

ヤミ金業者は、他のヤミ金業者とも繋がっていますから、もし利息が支払えなくなった場合は、他のヤミ金業者を紹介し、そこでお金を借りさせて、借りたそのお金で返済するよう要求してきます。
ヤミ金業者が他の消費者金融を紹介するといってきた場合は、当然ながら紹介しようとしている業者もヤミ金業者です。

 

こうなってしまうともう、数日であっという間に支払いなど到底出来ない金額にまで借金が膨れ上がってしまいます。

 

そもそも、A社で作った借金をB社で借りたお金で返済するという考え方が間違っています。
このような場合、B社の借金を返済するために、今度はC社から、そしてまたC者の返済をすべくD社からといったことを繰り返します。

 

これを、一般的な消費者金融で行ってしまっている時点で気付くべきす。
法律に定まった範囲での金利のお金が返せないのに、暴利なヤミ金のお金など返済できるはずがないのです。
どうしても借金をすることを検討している場合は、一度このことについてよく考えてみてください。

 

借金をした場合、翌月返済するためのお金を作る必要があります。
ですが、翌月返済する分のお金を捻出できるのであれば、今月からそれと同じ金額を捻出することが出来るはず。
それが出来ないのであれば、正規の消費者金融であっても、借金をしない方が将来の自分自身のためだということに気付きましょう。