MENU

ヤミ金の借金問題は出来るだけ早く相談する

自己破産を行うことで、後になって後悔してしまうかと考える人もいるでしょう。

 

 

そもそも、自己破産はどのような状況の場合に必要なのかを考えれば理解できるかもしれません。
自己破産は、借金を0にすることで債務者が楽な生活を送れるよう設けられているものなどでは、決してありません。
あくまでも、借金問題を抱えている人が、もうどうにもならなくなってしまった借金をなくし、これから新しい人生を再スタートさせるための制度なのだということを、知っておく必要があります。

 

生活を立て直すことが重要

抱えている借金がヤミ金のものである場合、自己破産の手続きが終了しても、取り立てが続くことも考えられますから、ヤミ金の場合は注意が必要です。
このような問題を抱えている場合は、速やかに弁護士に相談してください。
破産状態にあるということは、経済活動に携わることが出来ない状況ですから、どんなに一生懸命お給料を稼いだところで、返済で全て消えてしまいます。

 

何とかして返済を免れようと思っていても、厳しい取り立て、財産の差し押さえ、給料の一部差し押さえといった状況では、とても生活を送ることなど出来ません。
精神的に参ってしまえば、仕事を続けることも出来なくなってしまうのです。

 

実際に、このような生活に追い詰められてしまい、自殺という最悪の選択をしてしまう人もいるのです。
このような状況で、まともな生活を送ろうとする方が無理があるのです。

 

借金苦に陥ってしまった債務者を救済すべく、自己破産の制度があるのです。

 

ですから、自己破産の手続きを行ったからといって、後々になって後悔してしまうのか?と考えた場合、決してそんなことはないはずです。
自己破産は、人生の再スタートを切るのに重要なものでもあります。

 

自己破産の手続きを行った後に何かを後悔するのではと考える以前に、これまでの生活を振り返り、どうして借金がここまでになってしまったのか、そして何よりも、なぜヤミ金に借金をしてしまったのか・・・後悔すべきはその部分です。

 

自己破産を行い、新たに借金を抱えてしまった場合であっても、次に自己破産の手続きを行うことが出来るのは7年後ですが、一度自己破産を行ってしまっているので、免責は認められないと考えた方がいいでしょう。
それ以前に、過去に自己破産をしているのにまた自己破産をするというのは、考え方を根本から変える必要があるでしょう。

 

もし、今抱えている借金問題がヤミ金での借金である場合は、出来るだけ早く弁護士など、ヤミ金などの借金問題に詳しい法律事務所に相談する必要があります。